Outsider Art from Japan / ART BRUT FROM JAPAN ヨーロッパ巡回展

ニュース

2014.01.15

本岡秀則(もっと伝えたい、アール・ブリュット。)【ポスター連動企画】


電車/1995年頃〜/鉛筆、色鉛筆、紙

B4サイズ程の紙に364種類の電車が書き込まれています。
本岡秀則さんの作品にびっしりと描き込まれた電車の数々は、いわば彼の記憶の中のコレクションであり、すべて異なるものを描いています。彼の手からひとつひとつ生み出され完成した作品からは、観る人の表情をふと緩めるような魅力が放たれています。

スピリット・アート・ミュージアムで本岡秀則さんの他の作品がいくつか御覧いただくことが出来ます。

日本のアール・ブリュット総合情報サイト スピリット・アート・ミュージアム
日本のアール・ブリュット作品を展示・紹介するウェブサイト美術館です。SAMの常設展示室では62名の作家、約1,500点の作品を展示しています。


本岡 秀則 Hidenori MOTOOKA

1978年生まれ 兵庫県在住

コピー用紙や新聞広告の紙に小さな電車がびっしり。まさに「押し寿司」の米粒のようにギュウギュウ詰めに並べて描いてある。彼は知っている全ての電車を一枚の紙に描き、全てを一望したい、という願望を横溢させている。電車数の増加に伴い、紙はつなぎ足されているが、それでも追いつかず電車の圧縮度も徐々に増している。この絵はもう十数年間も続いており、絵は彼自身でファイルに整理し、毎日眺めている。
両親と共に自宅で暮らしながらホテルの厨房で食器洗いの仕事をしている。休日にはカメラ持参で駅に行き、電車の正面側写真を撮り貯めている。作品はアール・ブリュット・コレクション(スイス)での「JAPON」展(2008年~2009年)に出展され、同館にも収蔵された。また、パリ市立アル•サン•ピエール美術館での「ART BRUT JAPONAIS」展(2010年〜2011年)にも出展された。

執筆者 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA アートディレクター はたよしこ


 中野から新たな芸術文化の発信!


 アール・ブリュット展(中野サンプラザ)
 平成26年2月1日(土)〜2月16日(日)

 中野ブロードウェイ商店街 階段ギャラリー
 平成26年1月21日(火)〜2月20日(木)

 中野サンモール商店街 空中ギャラリー
 平成26年1月25日(土)〜2月24日(月)

 アール・ブリュットフォーラム
 平成26年2月11日(火)祝日

 主催:中野アール・ブリュット実行委員会
 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

中野アール・ブリュット  

 Facebookページ:アール・ブリュットNakano