Outsider Art from Japan / ART BRUT FROM JAPAN ヨーロッパ巡回展

ニュース

2014.01.15

古久保憲満(もっと伝えたい、アール・ブリュット。)【ポスター連動企画】




未来の上海ディズニーランド/2010年/鉛筆、色鉛筆、水性マーカー、油性マジック、ワトソン紙

この作品のサイズは、1566 x 1207 mmです。

彼はこういったサイズの他にも小さなコピー用紙やハガキサイズの用紙にも描いています。
また、さらに巨大な長さ10メートルに及ぶ作品もあります。この10メートルの作品は、ウェルカム・コレクション(イギリス ロンドン)で2013年3月28日〜6月30日の会期で開催された「Souzou: Outsider Art from Japan」展にて展示されました。今展覧会は約3ヶ月の会期中に約94,000人が来場し、大変な話題となりました。

ウェルカム・コレクションでの設営時の映像がウェブサイトで公開されています。
古久保憲満氏10メートルの作品 設営映像はコチラから
http://www.wellcomecollection.org/whats-on/exhibitions/souzou/installation-timelapse.aspx

ウェルカム・コレクション展示の様子


古久保 憲満 Norimitsu KOKUBO

1995年生まれ 滋賀県在住

古久保の絵の創作は小学校に通い始めた頃より始まる。対人関係が苦手だった彼にとって、唯一教室にいられる方法が絵を描くことだったという。そのため、毎日のようにノート(自由帳)を持参し、さらに広告・カレンダーの裏などに黙々と絵を描き過ごしていた。
絵のモチーフとなるものは、彼の関心をひくもの。すなわち世界の都市や建築物、宇宙衛星、車、飛行機、船などであり、それらをインターネットやTV、旅先で写真を撮るなどで題材を集め、彼の思うままに組み合わせながら縦横無尽に描き込んでいく。始めは、小さな画面に描いていたが彼の創造が膨んでゆくに従って、いくつもの紙を足しては描いていくようになった。近年では担任の先生からの勧めにより、100号台のサイズから10mの作品などいくつもの作品を同時並行で手がけ、作品の緻密さも増している。
高等部に入ってから古久保の作品は数々の公募展に出展され、そのほとんどで最優秀賞を含め、賞を受賞した。

執筆者 特定非営利活動法人はれたりくもったり アートディレクター 小林 瑞恵



 中野から新たな芸術文化の発信!

 アール・ブリュット展(中野サンプラザ)
 平成26年2月1日(土)〜2月16日(日)

 中野ブロードウェイ商店街 階段ギャラリー
 平成26年1月21日(火)〜2月20日(木)

 中野サンモール商店街 空中ギャラリー
 平成26年1月25日(土)〜2月24日(月)

 アール・ブリュットフォーラム
 平成26年2月11日(火)祝日

 主催:中野アール・ブリュット実行委員会
 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

中野アール・ブリュット  

 Facebookページ:アール・ブリュットNakano
 https://www.facebook.com/artbrut.jp